今まで作曲した曲の中から一部をあれこれ適当に語る場。

超絶クラシックメドレー
公開日は2008年4月くらい。何かぶっ飛んだようなものを作りたいという事で
譜面が難しくなりそうな曲たちで構成してポップンのK氏をリスペクト(←
してソフランなどを入れたやたら複雑な譜面にしたら初プレイでノルマ落ちしたほど
とんでもない物ができてしまったという。当時はしばらくこれ以上の譜面は作らないと
考えたほど。(BPM210で161連打とか…ねーよw)でもH.T.M.L.公開した時は
何故か 超絶 < H.T.M.L という位置づけにしてたんだよな…。今だったらあり得ないw

あと曲の頭に「超絶」を付けた理由は…何となく語感が良いからというw
Yahoo!辞書で調べてみたら、「他とは無関係に、より高い立場にあること。超越。」
だって。もしかしたら「超越クラシックメドレー」に…ならないか。

悶絶クラシックメドレー 〜地獄の運動会〜
公開日は2009年3月くらい。もうそろそろ超絶を越える何かを作ってもいいかな
という事で作ったのがこれ。○絶クラシ(ry シリーズ第2弾です。
当時は裏ロッテルが猛威を振舞っていたからなあ。譜面の加速は最後だけにして
ひたすらに押し辛い譜面(24分音符を多めにとか)をコンセプトに作ったのですが
結局は 悶絶 < 超絶 な結果に。まあ、それでも結構難しくなったからいいでしょう。(←
それにむずいの方ではこっちが難しくなったから総合的には良かったんじゃないかなw

曲の内容はタイトル通り運動会でよく聴くような曲たちを集め、半年くらい前から
使用し始めたフリーのVSTiも取り入れたら今までのデフォルトでのMIDIデバイスでは
表現できなかった物が出来ました、と。

壮絶クラシックメドレー 〜for HAGE〜
公開日は2010年2月くらい。○絶クラシ(ry シリーズ第3弾。HAGE(ヘイジ)という
少々無理矢理なこじ付けをしているのですが本当の意味は読み通りの○○ですw
ただ、そのままに書くのは流石にアレかなと思ったので。という訳で数年前に使用された
某FLASHのクラシック曲の他に好きに集めたら偶然同じ作曲家になってしまったという。
よって例外的に名義を「様々な作曲家たち」ではなく「J.S.Bach only」にしました。

譜面の方は、複雑な譜面にしてもユーザーの腕前も上がっているからあっという間にクリア
されるだろうなと考えていたら…あったじゃないか。「辛ゲージ」が。
そんな訳で例の如く(見える程度に)ソフランを混ぜて辛ゲージにしたら反則的に
難しくなっちゃったとさ。…ごめんなさい。でも後にソフラン無しverのあんな
曲が来るとは…。(↓)

ハンガリー狂詩曲第2番
公開日は2009年12月くらい。1ケ月前に発売された太鼓の達人Wii2にあった
練習曲Op.10-4を聴いたら、なるほどこういうアレンジもあったんだ。
…という事でトムとジェリーのピアノのコンサートの話でやってたこのピアノ曲を
ベースに、ギターやドラムを加えてゲームサイズに縮小して作りました。

譜面は音にベタベタに合わせちゃった感があったなあ何て思ったり。
(それでいて☆12の準ボスのような位置になったり)オワタツジンだから仕方がないね。
でもAC13で練習曲に裏譜面が追加された時はこっちにもそれっぽい裏譜面を追加しちゃったり。
こっちは音楽に捉われずに自由に作ってみました。そしたらどうしてこうなったw

ハンガリー舞曲第5番 〜8bit風〜
公開日は2010年7月くらい。ぶっちゃけ今の太鼓に対してのアンチテーゼ
のようなものです。音源はちょっと懐かしいFCチックに。
最近は演奏ゲームで追い抜きが見られなくなり、久々に来たかと思えばそれは
演奏ゲーム「じゃない方」のモードだったり。そろそろ追い抜きの復活を…頼む。

譜面は公式のを意識してみたり。特にむずかしいをやってみると良いかも。
オワタは一昔前は☆9でよかったかもしれませんが、昨今のインフレの影響で
☆8上位に留まりました。何だか本家鬼だけどんどんインフレしてない?

(´・ω・`)
公開日は2009年6月くらい。まさに(´・ω・`)になるような曲をイメージして
作ってみました。ゴーゴーにあるてゅーんみたいな。
譜面は変拍子にしたりソフランを入れたりしてギリギリあの難易度にしちゃいました。
なかったら☆9で止まっていたんだろうなあ。
そのうち(`・ω・´)たる物も作ってみようかな。

(`・ω・´)
公開日は2010年7月くらい。作りました(←
(´・ω・`)とは違って軽快に…というか忙しい曲になっちゃいました。
よって譜面も何だか詰まって忙しい感じに。曲の所々に
(´・ω・`)のアレンジが混ざっちゃっています。
最初軽快な感じですが結局最後は(´・ω・`)な結末に。実際にプレイした後も
そうならないように頑張ってください。

俺のイヤホンが壊れた
公開日は2009年7月くらい。この曲は愛用していたイヤホンが壊れてしまった時の
悲しみや憤りなどの様々な感情から生まれました。
最初が悲しみ、その後が憤り…といった感じでしょう。

譜面は序盤〜中盤まで☆10中〜強くらい、そしてキツいラス殺し、Tank!を
強化したような感じです。連打で稼ぎつつ繋げる事ができればかなりの高得点でしょう。
AC13できたさいたま200が公開した時はこっちも「直った」で遅いバージョンを公開。

ピアノ幻想曲第0番"現と夢の間"
公開日は2009年11月くらい。元隠し曲で「天国」をイメージ(?)した曲。
たまには1つの楽器だけで作ってみようかなという事で作曲したのがこれ。
第0番の0の由来は私のHNの「まる」→「○」→「0」です。HNがそれで良かった〜(←
最初演奏できるように作ったつもりがよく聴いたら何だか1人では無理な楽譜に
なっちゃいましたw でもたまにはそんなのがあっても良いよね☆(←←←

譜面は少々手強くしつつも休憩も取り入れた無難な感じに仕上がりました。
オワタのノーツ数も私がこだわっているアレです。

Nightmare
公開日は2009年11月くらい。元隠し曲で「地獄」をイメージ(?)した曲。
これは「Through the Fire and Flames」を参考にした為にBPMがやたら速かったり
ドラムもそれを思わせるような感じになりました。

譜面は24分音符は使わなかったものの、BPMが速い上にソフランもあるので
2009年においてのボス曲という位置づけになりました。
超絶 < Nightmare にしたけどどっちが難しいかは個人差かも。

Kotch mean Na.
公開日は2010年4月くらい。マクイルショチトルのような曲を作るつもりが
何故か全然違う曲になっちゃったという。所々無音になったり遅くなったり
背景もあれだったりとまさに振り向きたくなるような感じですが、とにかくKotch mean Na.

譜面は露骨に嫌らしい速度変化があったりゴーゴーはちょっと発狂させたりで妙に
難しい譜面になりました。楽しげな曲に楽しげな譜面を。(←

鳳凰飛翔伝
公開日は2010年6月くらい。参考にしたのは勿論燎原ノ舞。
あれは太鼓の音も合わせて初めて曲となる…と世阿弥(T(ry )がコメント
していたのでこっちもそんな感じでの曲にしてみました。ただ、オワタツジンって
叩いても鳴らないんだよな…。何とかしてソフト使うなりして鳴らして下さいw

譜面はソフランは自重したものの壮絶以上の複雑な譜面、そして辛ゲージだったりで
早速今年のボス曲候補になってしまった。むずい、オワタの譜面は燎原を参考した
と思われる部分があったり。今年のボスはこれ…なのカッ?

少女綺想曲 〜Dream Battle〜
公開日は2010年3月くらい。ねこみこ(ry とかお賽銭(ry とかそんなのしか聴いていなかった
せいかガチな物を作ってみたいと思ったのがこれ。シンセを効かしながら若干カットして
作りました。よくよく考えたらガチなのも結構ネットにあるんだね。

譜面は旋風を意識しつつ弾幕を思わせるような32分音符の嵐。もうこうなると
フルコンボも困難ですよね。サーセンw ちなみにノーツ数が890(博霊)なるコースが
あるのですが、まあすぐに分るでしょう。

U.N.known Girl respect. ZUNTATA
公開日は2010年5月くらい。ミュージックガンガンで東方音銃夢を聴いた時個人的に
ハマッたのでそれをリスペクトするような感じで作りました。今度は
姉のテーマ曲でも作ってみようかな。妹のだけじゃ何だし。

譜面は特に難しくせず地味に押し辛い譜面にしたのでクリアするだけとスコアを
狙う時ではかなり違ってくるでしょう。

壁紙のリンク。使用させてもらいました。 http://okinawaview.blog65.fc2.com/